風俗で働くには、まずはその仕事内容をしっかり理解することが大切です。
業界には様々な職種がありますが、その中で人気があるのが「性感エステ」です。
性感エステには他の職種にはない魅力があります。

・性感エステについて

性感エステは他の職種と比べて、仕事がやりやすいことで人気があります。
その秘密は、3つのない行為にあります。
「舐めない」、「脱がない」、「触られない」、という3つのない行為が特徴のお店です。
風俗と聞くといやらしい行為を想像する人も多いと思いますが、こちらのお店では3ない行為が基本ですので、初めての方も抵抗なく入っていけると思います。
お客さんに対しては体の性感帯を刺激するマッサージを行いますが、普通のマッサージとは異なり少しエッチなマッサージが特徴です。
お客さんは受け身の体勢ですので、触られたりすることもありません。
風俗のいやらしい行為が気になる人であっても、これなら抵抗なく入っていけるのではないでしょうか。

・サービスの流れについて

基本的にはお客さんと対面して行いますが、お店によってそのタイプは異なります。
お店を大きく分けると、「デリバリータイプ」、「出張タイプ」、「待ち合わせタイプ」に分類できます。
このうち出張タイプは、指定したホテルに出向いて行為を行います。
その他にも、デリバリーと待ち合わせの2つが混ざった行為を行うお店もありますが、基本的にサービスの内容は同じです。
実際に相手をする男性客の数はお店や曜日によって異なりますので、事前に確認しておくといいでしょう。

・「3ない」行為が特徴です

風俗店の種類も多いですが、その中の一つが「性感エステ」です。
こちらのお店は「3ない」行為が特徴ですので、初めての方でも安心して利用できるのではないかと思います。

風俗の中にはマッサージ行為も多いですが、メンズエステもその中の一つと言えます。
この職種は、風俗の業種の中でもソフトサービスに入ります。
また女性には、ルックスとテクニックのそれぞれが求められます。

・メンズエステについて

メンズエステは、お客さんの体を洗ってオイルマッサージを施すサービスです。
お店によってサービス内容は異なりますが、マッサージ自体はどこもだいたい同じです。
エステは、店舗型タイプ、マンションタイプ、デリバリータイプに分かれています。
店舗タイプはお店でサービスを提供する形式であり、一番安全なタイプだと言われています。
その理由としては、完全個室と信頼できるスタッフが在籍していることが挙げられます。
次にマンションタイプで、最近はこのタイプのお店が増えています。
マンションエステと呼ばれることもあり、利用客の数が最も多いのが特徴です。
しかし違法サービスや、ルールを無視したお客さんが多いのが問題になっています。
またデリバリータイプは、お客さんの自宅や宿泊先に出向く形態です。
こちらはスタッフがいませんので、安全面の問題が指摘されています。

・オイルマッサージ

メンズエステは、基本的には男性客の体を洗った後にマッサージを行います。
当然のことですが、女の子が脱いだりするサービスは行っていません。
しかしお店の中には下着姿のサービスを提供しているお店もありますので、サービス内容を確認しておくといいでしょう。
マッサージはオイルマッサージで、無香料、ココナッツ、ローズ、ラベンダー、コラーゲンなど、様々な種類のオイルがあります。

・事前のチェックを忘れないでください

ソフトサービスを提供するメンズエステ、風俗の求人でも良く見かけます。
基本的にはマッサージだけですが、お店によってサービス内容が変わりますので事前のチェックが必要です。

風俗の中には利用料金高ものもあれば安いものもあり、バラエティに富んでいます。
料金が高いものと言えばソープランドが有名ですが、逆に安いものと言えばデリバリーヘルスがあります。
デリヘルとも呼んでいますが、その中には格安なお店も少なくありません。

・待機の方法

デリバリーヘルスは、お客さんの自宅、あるいは宿泊しているホテルに出向いて性サービスを行う業種です。
日本には様々な種類の風俗がありますが、その中でも最もお店の数が多い職種と言われています。
そのため女の子の数も多く、お店によって質なども変わってきます。
デリヘルの出勤は様々で、事務所に出勤する人もいれば、自分の家から直接男性客がいる自宅やホテルに出向く人もいます。
このように待機の方法はお店によって異なり、大きく次の方法に分かれます。
「お店での集団待機」、「個室での待機」、「自動車での待機」、「ネットカフェでの待機」、そして「自宅待機」です。
このうちほとんどのお店では、集団待機や個室待機の方法を採っているようです。
待機などは求人情報などに掲載している場合もありますので、確認しておくといいでしょう。

・サービスについて

デリバリーヘルスを希望している女性の中には、サービス内容が気になっている人も多いことでしょう。
デリヘルのサービスは、本番行為以外の性サービスになります。
本番行為は禁止されており、マッサージやフェラチオなどで男性客を喜ばしてあげます。
お店によって実際のサービスは異なりますので、求人などでチェックしてみてください。

・気軽に利用できるお店です

風俗の種類は多いですが、その中でもお店が多いのがデリバリーヘルスです。
デリヘルなどの名前で呼ばれており、気軽に利用できるのが特徴です。
求人も多いので、試してみるのもいいかもしれません。

風俗業界の中でも良く知られているのが、ソープランドではないでしょうか。
ソープなら一度は利用したことがある、という男性も多いことでしょう。
ソープランドの収入は、お店の形態によって異なります。

・高級店

まずは高級店で、こちらは採用基準は結構厳しく設定されていますが、その分もらえる額が多いのが特徴です。
例えば、男性客1人当たり2万円〜5万程度もらえるところも少なくありません。
基本的には、1日に3名〜5名程度接客するところが多いです。
サービスコースは120分からと、他のお店と比べて長めに設定されています。

・中級店

中級店は高級店と比べて客単価は低下しますが、それでも1人当たり2万円前後と高い給料をもらえるのが特徴です。
中級店の1日当たりの接客数は、だいたい5名〜8名程です。
こちらのサービス時間は90分前後のところが多いです

・大衆店

大衆店は客単価が安く、60分のサービスで1万円前後が目安になります。
サービス時間は比較的短いコースが多く、中でも30分〜40分コースが多いのが特徴と言えます。
こちらの1日の接客数はお店にもよりますが、多い時では10名以上を相手にすることもあるようです。
大衆店の数は多くサービス内容も簡易なものが多いので、未経験の女性におすすめです。

・格安店

ソープランドの中には、このような格安店もあります。
大衆店も安いですが、その大衆店と比べてさらに安いお店として知られています。
サービスコースは30分〜40分のショートコースが多く、1人当たりの単価は30分の場合で5千円と少ないのが特徴です。

・お店によって報酬が異なります

風俗店の中でも人気のあるソープランド、お店の形態によって実際にもらえる収入も変わってきます。
それぞれのお店に特徴がありますので、仕事をする時は自分に合ったお店を選びましょう。

風俗専門の求人の中には、様々なサービスを売りにする職種もよく見かけます。
様々な求人がありますが、その中の一つが「オナニークラブ」です。
ここでは、オナニークラブについて紹介します。

・オナニークラブについて

オナニークラブは小名クラと呼ばれることもあり、求人情報の中にもよく見かけます。
具体的なサービスは、お客さんのオナニー行為を見て相手に興奮させるのが主な仕事です。
以前は店舗型のお店が多かったですが、最近はあまり見かけなくなりました。
その多くはホテルに出張したり、待ち合わせたりする形態が多いです。
性感エステと同じように、お客さんに触れたり触ったり、またフェラチオサービスや服を脱いだりするサービスはありませんので、風俗業界が初めての方でも安心して利用できるのではないかと思います。
最近はお客さんの数が減少してきていますので、お店によっては様々なオプションサービスを提供しているところもあるようです。
そのため求人に応募する時は、サービス内容の確認を忘れないようにしましょう。

・比較的稼ぎにくい職種です

風俗業界には様々な仕事がありますが、その中においてオナクラは比較的稼ぎにくい職種と言われています。
給料については、時給制と歩合制に分かれており、ほとんどのところはお客さん1人当たりの単価で計算しています。
平均的な相場ですが、例えば30分のコースでの場合で3000円〜6000円程度です。
また90分〜120分間のロングコースでは、8000円〜15000円程度が目安になります。

・数をこなせば稼げます

男性客のオナニーを見て興奮させる仕事、それがオナクラの仕事です。
給料はお客さん1人当たりの単価で計算することが多く、比較的稼ぎにくい職種と言われています。
しかし、数をこなせば十分稼ぐことができますので、試してみる価値はあります。